2005年03月19日

ケンケンガクガク

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?より

ケンケンガクガクというのは慣用的な表現だと思っていたのですが、「侃々諤々」と「喧々囂々」の混用なんだそうです。しかしカンカンガクガクという言い方ではあまり聞かないような気がするのですが、これもそのうちケンケンガクガクが俗用として認知されるようになるのでしょうか。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

やけぼっくりに火がついた

ずっと「やけぼっくり」だと思ってたんですが、「焼け木杭(やけぼっくい)」なんですね。イメージ的には、刈り込みが終わった秋の田んぼで栗を焼いていたらそれに火がついたという感じだったんですが…。ちなみに杭って燃やすものなんでしょうか?
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おビール

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?より

「おビール」というときの「お」は美化語というそうです。仕事で文書を書くときに、「お」は尊敬、丁寧、謙譲のためのみの表現だと思っていたので、あまりたくさん「お」をつけるのには抵抗がありました。でも「お」をつけないとどうもしっくりこないことが多くて悩んでました。これからは美化語という扱いもあるということで、自然さを重視して「お」を使ってみたいと思います。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一所懸命

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?より

一生懸命は間違いで一生懸命が正しい、とよく言われるんですが、今はもう一生懸命の方が優勢らしいです。俗用が正用になるときも近いのでしょうか。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独擅場

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?より

独壇場(どくだんじょう)ではなく本来は独擅場(どくせんじょう)なんだそうです。知りませんでした。今は独壇場の方が優勢らしいです。確かに独擅場と言われてもピンと来ませんものね。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全然いい

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?より

全然を肯定表現に使っても問題ない場合もあるとのことなのですが、やはり若者言葉として使う場合以外には抵抗があります(私も若者のはずなんですが)。このあたりは時代が変わっても変わって欲しくない表現だと思ってます。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いなずま

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?より

稲妻をひらがなで書くときは「いなずま」なんですね。「妻」なので「つま」だと思ってたんですが、本則というものがあるそうです。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お客様が来ていただき

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?より

「お客様に来ていただき」が正しいんですね。確かに「いただき」は謙譲語で「お客様」をへりくだらせてしまったらとんでもないわけで。しかしつい間違ってしまいそうです。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サザンカ

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?より

山茶花は本来はサンザカと読んだそうです。当然のように読んでる言葉でも変遷してきたものも多いのでしょうね。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

その他 : LexisNexis社が日本法版

LexisNexisのサイトへ

LexisNexis社が日本法版を開始するようです。競合製品が増えてくるのは利用者である我々にとっては望ましいですね。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

弁護士協会

最近SEOのためにGoogleやOvertureのキーワードツールを使っています。興味深いことに、「弁護士」に関連するキーワードで「協会」がたくさん出てきます。もちろん弁護士協会なんていう団体は存在していません。検索しているかたは、「弁護士会」というキーワードが浮かんでこないので、「弁護士協会」を入力しているのでしょう。これは弁護士会の宣伝不足というべきなのでしょうか?
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

労務 : 内部告発者の不利益取扱いで賠償命令

最高裁のサイトへ

先日の運送会社の件の判決文です。地裁判決ですが学説の動向とも一致しおり、先例価値は高いと思われます。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

個人情報保護 : 米国の個人情報流出事例

日経BPのサイトへ

しかしこの数で話題になるということは、全体としては日本よりも個々の漏洩事件の規模は小さいということでしょうか?
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HTMLエディタ見つけました

インプレスウォッチのサイトへ

こんな物見つけました。これまでモジラのHTMLエディターを使っていたのですが、わざわざモジラを立ち上げないと使えないというのが不便でした。これなら即座に使えます。これからの発展も期待できそうですね。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これおもしろくないですか?:指紋認証ハードディスクケース

サンコーのサイトへ

なんと指紋認証付きハードディスクケースです。暗号化もされるみたい。これならメールフォルダとか丸ごと持ち歩くこともできるのではないかと思います。フラッシュでそんなことやるとお金がかかりすぎるんで。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

個人情報保護 : 郵便局員が個人情報をネタに恐喝

朝日新聞のサイトへ

同様の件が続いていますが、企業法務からの視点としては、こういった報道を受けて、模倣犯など、こういった犯罪のネタになるケースがこれからもっと増えていくと考えておくべきでしょう。あと金融機関であっても疑えというところでしょうか。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

労務 : 坑内労働の女人禁制見直し?

gooのサイトへ

坑内労働の女性による従事の禁止はどの労働法の教科書にも出てくる合理的差別の典型例だったのですが、これすら変わってくる時代になったようです。


posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IT法務 : 2ちゃんねる:著作権侵害で管理者に責任:高裁レベル

最高裁のサイトへ

2ちゃんねる関連で管理者の責任に関する裁判が続いていますが、高裁の判決例は少ないでしょう。もっともどうも「2ちゃんねる」のための裁判という感があり、他の掲示板運営上の参考とできるかどうかについては若干疑問です。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「もったいない」を世界語に

gooのサイトへ


「もったいない」という言葉には浪費を戒める日本人の精神文化が宿っているように思います。世界語にするのはもちろんですが、今時の日本人の精神にも復活させないと。
ひとまず私はコピー用紙を節約するあたりから…。

ちなみに「がんばって」も他の言語には対応する言葉があまりないようです。これももっと広まったらいいのにと思ってます。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お客さんをびっくりさせる

私が担当しているある依頼者さんの企業理念は「お客様以上のお客様のことを考える」だそうです。この理念を会社全体で共有した結果、営業成績をどんどん伸び、ベンチャー市場への上場を果たしました。
また先日ある異業種交流会に参加してきたのですが、ある方が「お客さんに会ったときには、お客さんに『次はもっとびっくりさせますよ。もっといい話を持って行きますからね。』と話をする」とおっしゃっていました。そして必ずやその期待に応えるため、お客さんのことを徹底的に考えて、びっくりさせられるだけいい話を持って行くそうです。これを続けていたら、ある時から急に成績が伸びたということでした。

弁護士という仕事はまさにこの視点を具現化させることそのものだと思うのですが、日々の業務の中ではつい忘れがちになってしまいます。この交流会をきっかけにして、常に自分にこの視点を意識として植え付けるようにしなければと、思いを新たにすることができ、参加して良かったと思っています。
ちょっと遅いですが、この視点を今年の抱負の3つめに加えて、今年のこり10ヶ月がんばっていきたいです。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。