2006年04月17日

9年前とまだ何も変わっていないから

200604150750000.jpg

今年も桜が咲きました。大阪ではそろそろ葉桜になりそうです。

今から9年前の春、まだ僕が司法試験受験生だった頃、予備校の傍の公園で、満開の桜を見上げていました。
「きっといつか、もっと強い人間になって、自分に誇りを持てる自分になって、この桜を見上げよう」
そのころ受験勉強が思うように進まず、自分に自身が持てなくなっていたのですが、満開の桜を見て、そう誓いました。
その年、司法試験に合格し、その2年後弁護士になりました。そして今日、独立します。

けれども、僕はまだ、9年前とまだ何も変わることができていません。
毎年毎年、満開の桜を見上げる度に、最初に桜を見上げたあのときから自分がまだ少しも成長できていないことに改めて気づき、悔しくて、悔しくて、涙が出そうになります。
そして夢もまだ遠いところにあります。

でも、きっといつか、自分に誇れる自分になれると、そして、必ず夢を達成できると信じています。

また春がやってきて、桜を見上げるときまでに、必ず。
posted by 川内康雄 at 07:52 | TrackBack(1) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

桜の名所巡り2 山高 神代桜
Excerpt: 山梨県の桜の名所巡りのパート2は実相寺境内に咲く神代桜。 樹齢約2000年といわれ、日本一の古さと大きさを持つ桜が、今もその花を咲かせました
Weblog: デジカメ写真日記 〜PHOTO IN THE POCKET〜
Tracked: 2006-04-20 07:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。