2005年02月21日

IT法務 : フィッシングの踏み台多発

佐賀県のサイトへ

国内においてサーバーに進入され、フィッシングの踏み台にされるという例が多発しているようです。JPCERTも踏み台にされないように注意を呼びかけています。法的には踏み台にされてしまったサーバーの保有者が、踏み台にして行われたフィッシングについて、被害者に対して賠償責任を負うかという点が焦点となるでしょう。現在の法律・先例を前提とすれば、責任が発生する可能性はかなり低いと思われますが、加害者に荷担した結果とならないよう、また、事実上のトラブルを避けるためにも、極力セキュリティには注意しておくべきでしょう。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。