2005年02月19日

商法 : 役員報酬の株主総会による追認の可否

最高裁のサイトへ
株主総会の決議を経ずに支払われた役員報酬について、事後に株主総会の決議を経た場合には、当該支払は有効になるという判断が下されています。
クローズドの会社では非常にありがちですよね。もっともこの判例が出たといっても、支出当時において違法であるという点には変わりありませんから、気をつけるに超したことはありません。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。