2005年08月10日

著作権侵害にかかる損害賠償は認めつつも謝罪広告を否定した事例

最高裁のサイトへ
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/Listview01/E7BBD01E4F71708F492570440083C542/?OpenDocument

著作権侵害による損害賠償を認める一方で、従前の経緯や判決結果に鑑みると、謝罪広告は不要と判断した事例です。
posted by 川内康雄 at 08:06 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。