2005年08月13日

音声認識ソフトウェア

木曜日に骨折して、左手がギブスと包帯で固定されてしまいキーボードが使えなくなってしまいました。右手は自由に使えるのですが、右手だけでキーボードを使っても速度がだいたい5分の1ぐらいになってしまいます。片手だから半分という訳ではないですね。どうしてもキーボードを見ながらのタイピングになってしまうのでかなり遅いんです。
これでは仕事にならないので、なんとかしないといけないと思い、いわゆる音声認識ソフトウェアを買ってきました。じつはこの文書も音声認識ソフトウェアで入力しています。
私が買ったのはスキャンソフトのドラゴンスピーチ7というソフトウェアです。IBMのViaVoiceとどちらにしようか迷ったのですが、こちらの方がこなれていそうな感じがしましたので、こちらを購入。
ひとまずこういった会話体の文章はそれなりにスムーズに入力できます。率直な感想として、結構正確に入力できるなあと感じました。あとは私が仕事で使うような法律系の文章をうまく入力できるかどうかですね。
また追って使用感をレポートします。
posted by 川内康雄 at 10:30 | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。