2007年03月04日

刑事法・執行法・保全法・交通事故

P1000964blog.jpg
最近は刑事事件はほとんど取り扱わないのですが、告訴・告発関係はぼちぼち入ってきます。
執行・保全も取り扱い数が少ないのですが、それだけに実際にやるときには入念な確認が必要なので本はそろえています。
交通事故は前の職場でかなりの数をやっていました。赤い本は今は、交通事故というよりも、人身に対する損害賠償の算定の基準として使っています。
posted by 川内康雄 at 09:05 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

会社法の実務書

P1000957blog.jpg
P1000959blog.jpg
会社さんのお仕事をさせていただいていると、会社法の各論的な部分の業務が多くなりますので、実務書が増えてきます。茶色の分厚い「会社法の手引き」は私が執筆に参画させていただいたものです。
posted by 川内康雄 at 18:04 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

大阪弁護士会の弁護士検索ページ

大阪弁護士会の弁護士検索ページがリニューアルされました。
http://www.osakaben.or.jp/web/lawyersearch/select_search.php?
各弁護士のプロフィールがかなり細かいところまで検索できるようになっています。たとえば私のページはこちらです。
http://www.osakaben.or.jp/web/lawyersearch/result.php?id=028039
posted by 川内康雄 at 21:48 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

番外編 その1

P1000968blog.jpg
とある方から頂いた、今年の干支のイノシシです。ひとまず本棚に飾ってみました。
posted by 川内康雄 at 07:06 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

会社法

P1000958blog.jpg
会社法の基本書です。旧商法で司法試験を受験したクチですので、新会社法の条文は一から勉強し直しです。前田、江頭が定番ですが、私のお薦めは「新しい会社法がわかる本」です。
posted by 川内康雄 at 13:57 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

絵文字のコード変換

ドコモのWEB用の絵文字のコードをPHPのmb_convert_encodingでSJIS以外に変換できるか試しても試してみたのですが
utf-8
utf-16be
utf-16le
euc
全部だめでした。
SmartyのテンプレートとをSJISで書くと{literal}ばかりになってしまうのでかっこわるいので嫌いなんですが、何とかならないものでしょうか?
posted by 川内康雄 at 08:57 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

地検特捜部って…ライブドアと村上ファンド

東京地検特捜部がライブドア問題で堀江氏を、村上ファンドで村上氏を逮捕して、「地検特捜部は社会正義の最後の砦」なんてノリのようですが、僕から言わせれば、完全なフィクションですね。
東京地検も、大阪地検も、極悪犯罪者の告訴を受けて、なにもしないで完全放置している案件が山ほど有ります。その一方で、社会的な意味で犯罪性が無い堀江氏や村上氏を逮捕して、そこに大量の検事、検察事務官を投入しているんですよ。なにやっとんねんって感じですちっ(怒った顔)企業防衛の手先に成り下がった地検など無用の長物ですので、早くみんなで告発しましょうパンチ
posted by 川内康雄 at 20:50 | TrackBack(13) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

続々々々々々々々 つぼみがたくさん付いた胡蝶蘭

P社の社長様からつぼみがたくさん付いた胡蝶蘭を頂きました。これからが楽しみです。

200604281141000.jpg
posted by 川内康雄 at 11:45 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

続々々 感謝

アルテシマ・ゴムというそうです。空気清浄効果が高そうですね。感謝です。

200604251805000.jpg
posted by 川内康雄 at 18:08 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

(続)発信・受信共にヘッドセットを実現する場合

Fusionで「モバイルチョイス」が始まりました。
http://www.fusioncom.co.jp/news/2006/20060322.html
コスト高にはなるんですが、着信全部を形態に転送して、発信でモバイルチョイスを使うと、携帯で050の発着信が可能になります。で、僕の携帯はP902iですので、これでブルートゥースをつかうと、シンプルにヘッドセット通話が実現します。実際やってみると結構音質も良かったです。
電話代が高くは付くんですが、ビジネスホンを導入することを考えると、半年分ぐらいの電話代をみても、まだこっちの方が安いかも知れません。
posted by 川内康雄 at 08:00 | TrackBack(2) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

ギブス外してみました

まだお医者さんからOKはもらってないんですが、仕事にならないので、こっそりギブスを外してみました。さすがにタイピングしすぎるとちょっと痛いです。
05_08_24-08_47_01.jpeg
posted by 川内康雄 at 08:57 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

著作権侵害にかかる損害賠償は認めつつも謝罪広告を否定した事例

最高裁のサイトへ
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/Listview01/E7BBD01E4F71708F492570440083C542/?OpenDocument

著作権侵害による損害賠償を認める一方で、従前の経緯や判決結果に鑑みると、謝罪広告は不要と判断した事例です。
posted by 川内康雄 at 08:06 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

過払金返還請求訴訟において貸金業者側の取引履歴開示義務に関する最高裁判断

最高裁のサイトへ
http://courtdomino2.courts.go.jp/schanrei.nsf/VM2/D09598F8AE65F7FC4925704300268139?OPENDOCUMENT

ついに最高裁が開示義務有りと判断しました。貸金業法とガイドラインを多く援用した判断となっていますので、貸金業プロパーの判断と見ていいでしょう。
posted by 川内康雄 at 08:49 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

契約締結上の過失について原告側の過失割合を認定した事例

最高裁のサイトへ
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/Listview01/91C07E683E43D5D64925703C003C1B0E/?OpenDocument

契約締結上の過失の理論が適用された裁判例はあまり多くないと思うのですが、この裁判例はその中でも原告側と被告側の過失割合を具体的に認定した実例として参考になるのではないかと思います。
posted by 川内康雄 at 08:45 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

著作人格権の確認請求と謝罪広告

最高裁のサイトへ
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/Listview01/1943438CA38632E2492570340002E022/?OpenDocument

著作人格権は非常に重要かつ強力な権利なのですが、実際に訴訟になった例は少ないのではないかと思います。本件は著作人格権の確認とそれにからむ謝罪広告の実例として興味深い裁判例です。
posted by 川内康雄 at 09:21 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

黒澤明監督映画「七人の侍」とNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」は著作権法的には同一性無しとの高裁判断

最高裁のサイトへ
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/Listview01/DBBE8C09FFEE655349257021001DCC88/?OpenDocument

私はどちらも見たことがないので内容に渡ったコメントができないのですが、一般的には映像作品の場合、音楽作品以上に同一性は認められにくいのではないかと思われます。(cf.「どこまでも行こう」vs「菩提樹」の件)
posted by 川内康雄 at 09:21 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スキューバダイビングのライセンス取得ツアーの講習中,受講生が海水を誤飲して溺死したことについて,ダイビングのインストラクターに受講生の習得度に応じた講習場所を選択すべき注意義務を怠った過失が認められた事例(損害賠償一部認容)

最高裁のサイトへhttp://courtdomino2.courts.go.jp/kshanrei.nsf/webview/09C616373AC803224925701C001E46C3/?OpenDocument

この裁判例の中心的争点は注意義務のようですが、インストラクター、スクール主催者、ツアー主催者、ツアー販売代理店の責任範囲についての先例として着目すべきではないかと思われます。
posted by 川内康雄 at 08:56 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニレコの敵対的買収対抗策は認められず

最高裁のサイトへ
http://courtdomino2.courts.go.jp/kshanrei.nsf/webview/6DACA69F9DE6105C4925701F000D9C2F/?OpenDocument
http://courtdomino2.courts.go.jp/kshanrei.nsf/webview/467B8F7BF9AD58B949257022002D65AB/?OpenDocument
少し古いですがニレコの件です。ライブドアの件とほぼ同様の判断が下されています

posted by 川内康雄 at 08:12 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住民基本台帳ネットワークシステムを運用している石川県及び地方自治情報処理センターに対して,原告らの個人情報について同システムの運用の差止めが認められた事例

最高裁のサイトへ
http://courtdomino2.courts.go.jp/kshanrei.nsf/webview/0DC3C25EE2F6CBDA4925701F002ED41F/?OpenDocument

住基ネットからの離脱を求めている住民に対する関係において住基ネットを適用することは憲法違反であるという思い切った判断がなされています。
posted by 川内康雄 at 08:09 | TrackBack(0) | 法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。