2007年02月21日

ビデオクリップを作る

Q&A版法務ネットの
・顧問契約のページ
http://www.homu.net/modules/tinyd0/index.php?id=1
・業務方針のページ
http://www.homu.net/modules/tinycontent/index.php?id=2
に、簡単なものですがビデオクリップを掲載しました。

P1000030.JPG
映像のソースは普通のデジカメ(ルミックスのFX01)で撮影したものです(カメラは自分を撮れない!のでこれは携帯で撮ってます)。
これを、
・Adobe Premiere Elements 3
http://www.adobe.com/jp/products/premiereel/
に読み込ませて、タイトルとテロップを付けました。タイトルは当事務所のロゴをそのまま使用しています。画面の遷移の時にクロスディゾルブの効果を付けると、素人仕事でも、かなりそれっぽく見えますね。

デジカメの映像ソース(mov:Motion Jpeg)は画像はまずまずなのですが、DVカメラとちがって、音声にかなりのノイズが乗ります。
そこで、
・Quicktime Pro
http://www.apple.com/jp/quicktime/pro/win.html
で映像と音声を別々に出力し、
・Audicacy
http://audacity.sourceforge.net/?lang=ja
で音声のノイズを除去してゲインを増やした後、もう一度Quicktime Proに戻して、映像と音声を結合させています

ホームページへの掲載に際しては、
・Flowplayer
http://flowplayer.sourceforge.net/
を利用して、Flashビデオとして配信しています。
別ウインドウで再生画面が立ち上がるというのは使い勝手が悪く、インパクトも弱いですし、Windows Mediaプレイヤーのエンベッドは、プラットホームを限定してしまうので、Flashビデオが一番現実的な選択肢ではないかと思います。Youtubeの例もありますし。

ビデオのオーサリングソフトはいろいろありますが、Premiereを使ったのは、別にエンコーダを用意しなくても、直接FLVファイルの書き出しが可能だったからです。
しかし実際やってみると、1分強のQVGAサイズのビデオの書き出しに30分もかかりました。使用したのはPentiumM1.7GhzのThinkpadです。1時間ぐらいのファイルだと一晩かけても終わらないことになりますので、ちょっとぞっとします。まぁ、Quicktimeのエンコーダを使用しているようですので、これはAdobeのせいでは無いのでしょう。

弁護士としては珍しい試みかと思いますので、よろしければご覧いただければと思います。宮脇常亨弁護士のホームページ http://www.johkoh.net のビデオクリップも同じ方法で作成しています。
posted by 川内康雄 at 21:04 | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

vodafoneへのphpからのメール送信がエラーに

PHPスクリプトから携帯にメールを送信するスクリプトを書いていたのですが、ドコモとau宛には送れるのに、vodafoneには送れないという現象が発生しました。これではまって4時間ほど無駄にしましたが結局は、vodafoneのメールサーバーが、DNSの正引きができないホスト名のメールサーバーからメールの送信を受けたときに、エラーになるという仕様が原因だったようです。借りているレンタルサーバーに連絡して正しく設定してもらって、DNS情報が伝搬したタイミングになると、ちゃんと送信できるようになりました。ネットで探してみても同様のトラブルがあまりなかったようなのですが、この問題にあたったのは僕だけでしょうか?
posted by 川内康雄 at 18:32 | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

共用サーバーへのEthnaのインストール

今回はジョーズウェブホスティングの共用サーバ及び専用サーバのJoe'sの素にインストールしてみました。他の共用サーバーでも手順は特に変わらないと思われます。
1 ホームディレクトリ/home/UserIDにEthna-2.1.2をEthnaとしてアップロード。public_htmlではなくホームディレクトリにインストールすることによって設定ミスによるソース漏洩を防ぐ。
2 Ethna/binのethna.shをethnaとしてホームディレクトリにコピー。ホームから使うことが一番多いと予想。他の場所からでもコマンドが一番短い。
3 ホームディレクトリのethna内の
ETHNA_HOME="@PEAR-DIR@/Ethna"

ETHNA_HOME="/home/UserID/Ethna"
に修正。
4 ethnaの属性を744にしてオーナーに実行権限を付加
5 public_htmlの.htaccessに下記の内容を追加

#インクルードパスの設定
php_value include_path ".:/usr/local/lib/php:/home/UserID"


php.iniが個別に編集できるサーバであればそちらでもok

6 ホームディレクトリでもパスが通っていないので
mkdir ./Ethna-project
./ethna add-project testproject ./Ethna-project
としてプロジェクトを作成
7 Webサーバーからの参照を可能にするエントリポイントを作成する為に
ために
cd ~/public_html
ln -s ~/Ethna_project/firstproject/www/index.php .
cp -r ~/Ethna_project/firstproject/www/css ./css
としてシンボリックリンクを作成+コピー
8 ウェブサーバーから
http://sitename.com/index.php
またはその他のindexがないのであれば
http://sitename.com
にアクセス
トップページがエラー無く表示されれば成功

セキュリティ対策
 共用サーバーの場合、「共用」している関係で、ソースの流出やDBパスワード、そしてDB内容の流出のリスクが伴います。そこですべてのファイルのパーミッションを600等とし、suexecを利用してcgiとして実行します。cgiなのでパフォーマンスが低下するおそれがありますがセキュリティのためであればやむを得ないでしょう。

posted by 川内康雄 at 19:22 | TrackBack(8) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

発信・受信共にヘッドセットを実現する場合

いろいろ考えましたが、以下の3択しかなさそうですもうやだ〜(悲しい顔)
・Fusion+Skype+Multigateway+Agephone+Bluetoothヘッドセット
・Fusion+有線電話+Bluetoothヘッドセット+ハンドセットリフター
・Fusion+VE-SV02DW+有線ヘッドセット
どれも大がかりなんですよねぇ…
posted by 川内康雄 at 14:33 | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドットフォンちょっと困った

ドットフォンの実験をしていたんですが、こちらから発話して相手が出てから10秒ほど相手の声が聞こえないみたいです。相手の方では必死にもしもしと言っていたみたいなんですが、こっちは何も聞こえていないので、こっちもしゃべらず「無言電話」になってしまっていたとのこと。困りました。
posted by 川内康雄 at 12:36 | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音質比較

相変わらず電話の研究中です。音質とハンズフリーの両立は可能かという点で比較してみました。
まずは音質。アナログですが、各構成で実際に人にかけてみて音質が良かった順番に並べてみました。

Fusion+Agephone+Bluetoothヘッドセット
ドットフォン+Bluetoothヘッドセット
Fusion+有線電話
Fusion+コードレス電話
Fusion+有線電話のハンズフリー
Fusion+コードレス電話のハンズフリー

コードレス電話の場合は、デジタルコードレスなので、DA変換、AD変換が余分に1回入って音質を下げているのではないかと思います。

ポータビリティについては、Fusionはマルチゲートウェイを使ってどこでも受けることができますし、ドットフォンは回線品質が保たれる限りは、どこでも受話可能のようですので、大差無しでしょう。

発話ですが、Fusionはクリックコールのサービスインが見えませんので、Agephoneを使わないと発信できません。5250円をかけ、かつ、3つ(Skype+Multigateway+Agephone)もソフトを常駐させるのにはちょっと抵抗があります。また回線がGOL限定なので、外からはかけられません。ドットフォンは当然標準ソフトで問題なく発話可能ですし、他の回線でも問題ないようです。なおAgephoneもドットフォンも電話帳のできが悪く、これをつかってかけるのは結構大変です。まぁドットフォンは筆王からのインポートが可能なので発信者の名称表示は楽です。

今未知数なのは
???Fusion+有線電話+Bluetoothヘッドセット
http://www.plantronics.com/japan/jpn/products/cat1210096/cat1210096/prod29870005
の音質です。一般のコードレスと同等の品質が得られるんでしょうか?
これをやる場合には、アナログ回線をもう一本引いて、ネームディスプレイを使うという技が可能になりますね(+プラチナライン)。06番号が使えますので、
posted by 川内康雄 at 12:04 | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

PPPoAとPPPoEで速度は違うのか?

今使っているFusion+イーアクセスはPPPoAとPPPoEの両方に対応しているとの情報を入手しました。PPPoEだとモデムをブリッジさせて下のルーターにグローバルIPを持たせることができるので便利です。ダイナミックDNSやUPnPも使えますし。
気になるのは、速度に違いが出るかという点です。両方で速度を測ってみました(いちいちルーターの設定を変更するのはかなり面倒なんですが)。結果、差は無しです。
ちなみにモデムの方の説明書ではブリッジさせるとIP電話端子が使えないとのことで、躊躇していたのですが(ルーターを殺してるんだからそりゃそうですね)、ブリッジさせてもIP電話が使えてしまいました。内部でどんなルーティングになっているのか分からないのですが、ルーターにモデム内部のIP電話アダプタが接続しに行ったんでしょう。これなら問題なしですね。

PPPoEの場合

=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.1 - Test Report ===
使用回線:eAccess 50Mbps
測定地:大阪府大阪市北区
------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:高 データタイプ:標準
下り回線
 速度:3.998Mbps (499.7kByte/sec) 測定品質:98.6
上り回線
 速度:136.4kbps (17.06kByte/sec) 測定品質:44.2
測定者ホスト:***************.dsl.gol.ne.jp
測定サーバー:大阪-新町
測定時刻:2006/3/12(Sun) 14:21
------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
============================================================


PPPoAの場合

=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.1 - Test Report ===
使用回線:eAccess 50Mbps
測定地:大阪府大阪市北区
------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:高 データタイプ:標準
下り回線
 速度:4.020Mbps (502.4kByte/sec) 測定品質:98.1
上り回線
 速度:57.11kbps (7.138kByte/sec) 測定品質:0.0
測定者ホスト:***************.dsl.gol.ne.jp
測定サーバー:大阪-新町
測定時刻:2006/3/12(Sun) 14:11
------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
============================================================

posted by 川内康雄 at 14:24 | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電話をどうする

IP電話の発着信

独立するにあたって、「電話」の要件を考えてみました。

・基本料金が安い
・通話料が安い
・携帯に転送できる
・PCで発信できる
・PCで着信できる
・留守番電話が使える

PCでの発着信はBluetoothヘッドセットが使いたい、アドレス帳の管理で楽をしたいからです。

最初の
・基本料金が安い
・通話料が安い
・携帯に転送できる
この3つの条件はIP電話を使えば問題なく満たせます。足回りがADSLの場合に市外局番が050になってしまうのが玉に瑕ですが、通話料が安いので(Fusionの場合は固定宛て3分8.4円携帯宛1分16.8円)、なんとかそこは我慢可能とします。

この、
・PCで発信できる
・PCで着信できる
・留守番電話が使える
3つが問題です。これを満たせるソリューションを探してみると、
・FusionのSkype Multigatewayを使う
http://www.fusioncom.co.jp/houjin/multi_gateway/index.html
・Agephoneを使う
http://www.ageet.com/
ぐらいしか見つかりませんでした。
Fusionの方はプレスリリースの大々的なふれこみから遅れること2ヶ月、やっと使えるようになりました。着信については問題なく可能。発信した人に「インターネット経由で接続します」とアナウンスされるようですが、特に違和感はありません。ただし時々呼び出し呼中にいきなり途切れるのと、呼び出し呼まで時間がかかるのがデメリットですね。
ただしプレスリリースでクリックコール発信ができるとのことだったのですが、問い合わせてみると「個人ユーザーについては検討中」とのことでいつになったら使えるのか全く分かりませんでした。Skypeoutを使うと、発番表示が「通知不可能」となるので、携帯にかけているときにはかなり怪しいですし、折角、Fusionを使っているのに、Skypeoutのレートになってしまうので、どうも…。固定宛て3分9.2円携帯宛1分20.2円で、固定宛ならNTTより安いけど、携帯宛は、NTTより割高になります。Skypeの方も、スカイプアウトでの発信をあまり想定していないのか、コンタクトのインポートで、一般の電話番号をインポートすることができませんから、電話番号はいちいち手入力です。頭に+81を付けないといけない点も結構めんどくさいです。
Agephoneの方は試行錯誤の結果何とか使えるようにはなりましたが、着信の際に、FusionがCall Forkingに対応していないようで、ルーターのIP電話アダプタが着信するときもあれば、Agephoneが着信するときもあるので(Agephoneではこの状態を後勝ちと呼んでいるようです)、かなり不安定です。IP−PBXを構築するという手もあるんでしょうけれど、私一人の事務所ではちょっとやり過ぎですね。

ちなみに携帯に丸ごと転送をかけてしまうという手もあるんですが、
・転送されてきた電話なのか、直接かかってきた電話なのかが分からない
・転送の通話料の負担が必要
なのでこの手もちょっと…。

この問題を一括解決してくれるようなソリューションがあったらすぐに買うんですけど(N900ilは高すぎなので問題外ですが)。
ちなみにこれもちょっと検討中ですが(資料請求しました)、ソフトフォンタイプをつかうと今度は普通の電話機が使えないのではないかとちょっと心配です。それに今からだと番号が変わっちゃうんですよね。足回り回線費用も倍ぐらいかかるので、採用は難しいかなと。
http://www.ocn.ne.jp/business/infra/voip/category_t/
posted by 川内康雄 at 13:34 | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

パケット通信対64k通信(純粋料金編)

携帯をFOMAに変えようかと思って、いろいろと検討していたのですが、今のところ、Bluetoothが使えるP920iに心が動いてます。T42と組み合わせると、完全にワイヤレス(PCと携帯の接続ケーブル無し)で、ネット接続できるので。いちいちケーブルを持ち歩いたり、ちょっと接続したいだけなのにケーブルを取り回すのがどうもスマートじゃないんですよね。
で、気になったのが、FOMAのパケット通信と64k通信はどっちの方が得なのかという点。カタログ掲載の料金から計算してみました(もちろん速度による経済効果は度外視ということで)。

・パケット通信の料金
通常料金
0.2 yen per packet
パケットパック10
0.1 yen per packet
パケットパック30
0.05 yen per packet
パケットパック60
0.02 yen per packet
パケットパック90
0.015 yen per packet

・64k通信の料金
タイプSS
25 yen per 30s
タイプS
22 yen per 30s
タイプM
17 yen per 30s
タイプL
12 yen per 30s

64k通信の料金をパケット単位の単価に引き直してみます。
245760 bite per 30s
ですから、

タイプSS
0.0130 yen per packet
タイプS
0.0114 yen per packet
タイプM
0.0088 yen per packet
タイプL
12 yen per 30s
0.0062 yen per packet

タイプM(6600 yen per month)を利用することを前提として、タイプSSプラスパケットパック(6600 yen per month)と比較してみると(無料通信分も4000円で同じ)、接続時間中の20%以上を通信に使っているのであれば、64k通信の方が得ですね。するとよく言われるように、メールの送受信のように、接続して通信後、すぐに切断というパターンであれば64kの方が得ということになります。特に重い添付ファイルなんかを付けられていたりすると、尚更でしょう。一方、Webの閲覧の場合は、ぱらぱらめくっているときはいいですが、じっと眺めだすと、64k通信だとどんどん費用がかさんでしまうと言う事になりますね。この20%というのを判断するのは難しいですが、「常に通信している」感じでめくっているときには、20%を割ることはないのではないかと思います。
posted by 川内康雄 at 16:15 | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

ページランクが5にアップ

どうもここ数日ホームページからの問い合わせが増えたなぁと思っていたら、いつのまにかGoogleのPagerankが5にアップしてました!
感涙ものです(;_;)。ここまで1年以上かかりましたが…。
これも法務ネットにリンクを張ってくれた皆さんのおかげです。心より感謝いたします。

posted by 川内康雄 at 18:06 | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

ランキングサイト

ホームページランキング
http://hp-ranking.net/cgi-bin/1/ranklink.cgi?id=homunet

SEOにと思ってランキングサイトに登録してみたんですが、あまりホームページに貼り付ける気になれなくて(笑)、ひとまずここにメモしておきます。
posted by 川内康雄 at 09:50 | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

これおもしろくないですか

url=http://www.thanko.jp/victoria.html
サンコーのサイトへ

なんと指紋認証付きハードディスクケースです。暗号化もされるみたい。これならメールフォルダとか丸ごと持ち歩くこともできるのではないかと思います。フラッシュでそんなことやるとお金がかかりすぎるんで。
posted by 川内康雄 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HTMLエディタ見つけました

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/12/03/5639.html
インプレスウォッチのサイトへ

こんな物見つけました。これまでモジラのHTMLエディターを使っていたのですが、わざわざモジラを立ち上げないと使えないというのが不便でした。これなら即座に使えます。これからの発展も期待できそうですね。
posted by 川内康雄 at 16:49| Comment(7) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

人月単価は90万

日経ITProの記事へ

これまでいまいち人月の相場観がよくわからなかったのですが、これを見て「へぇー」という感じです。地域と業務内容によるレンジもわかるといいですね。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

パワーポイントの発表者ツール

マイクロソフトのサイトへ

パワーポイントでプレゼンをやっていていつも不便だなぁと思っていたのが、
・次のスライドの内容が見えない
・時計が見えない
・ノートが見えない
ことです。
何とかならないかなぁと思っていたら、「発表者ツール」なる機能が実装されているのを発見。
これは使えると思い、VGAを拡張するデバイスを探し、「サインはVGA」や「CBMLX2」を発見、どちらを買うかの検討を始めました。
そこでふと、何も拡張しなくてもそのままデュアルディスプレイにできないのかと思って実験してみたら、Thinkpad T42、できました。Radeon 9600は標準でこの機能を持ってるんですね。
早速次のプレゼンから使っていきます。

あとプレゼンの時に表示するアナログ時計も選んでみました。結構ハイセンスでおすすめです。半透明ですし。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

db4o

db4o
ひょんなところで見つけたオブジェクト型データベースです。これでネットワークサーバーとして動作する仕組みとかがあったらもっとおもしろいんですが。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

myfacesはresultsetが実装されていませんでした

myfacesを使ってjfsのdatatableを使おうとしたら何度やってもうまくいかず、何時間もハマってました。で、エラーメッセージをよく見てみると、

javax.servlet.ServletException: Not yet implemented:javax.faces.model.ResultSetDataModel

最初のうちはまさかresultsetを実装してない分けないだろうと思っていたら、
http://www.marinschek.com/myfaces/tiki/tiki-index.php?page=ExtDataTable

オフィシャルの解説でも未実装とのこと。そんなあほな。そのうち実装するとのこと何ですが…。いつになるんだろう…。RIだとあまりおもしろくないんですけど…。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(78) | TrackBack(1) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

あとはAccess

で、あとはAccessが検討対象ですね。
これまではどうも動作が安定していないので好きではなかったのですが、やっぱり情報量が多いし、レポートが簡単に作れるというのは魅力的ですよね。
一点、問題なのはmdbファイルをVPN経由で共有するのは、サイズの関係で事実上不可能ということ。もちろん実験はしてみますが。
あとODBCを使ってMySQLをデータソースとして使用したときのトラフィック量を測ってみて、比べてみたい思います。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

データアクセスページでSQL?

データアクセスページの解説を読んでいて、Accessを起動せずにmdbにアクセスできるのはおもしろいなぁと思ったました。でもこれも結局はファイル共有アクセスのはずなので、リモートアクセスVPNからはやっぱりつらい。一方、リンクテーブルとしてODBCデータソースを指定できるんだから、データアクセスページのデータソースにもODBCが使えるのではないかと思って実験してみました。が、データソースとして選択できるのはmdbとSQL Serverのみ。さすがに無理ですね。
あとはパススルークエリのみでフォームとレポートを作成できるかが問題です。
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

データベース(続)

http://www.filemaker.co.jp/products/index.html
データベースなんですがMacMiniでFileMakerを使うのもおしゃれかななんて気がしてきました。

川内康雄さんのブログを読む | 閲覧数 (559)
posted by 川内康雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。